本文へスキップ

株式会社ナイガイ

株式会社ナイガイ              
〒812-0006 福岡県福岡市博多区上牟田1丁目29番30号

黒毛和牛Japanese Beef


黒毛和牛とは?

CEO

 黒毛和種は古くは中国、近畿地方を主産地とする役荷用牛であったが、現在では全国に分布する、わが国肉用種の主流である。
 和牛の他の品種に比較して体がよくしまり、四肢強健であり、毛色は黒毛である。
 肉質は世界最高と称され、筋繊維が細く、脂肪沈着は密である。一般的な肉用種としては歩留がやや低く、上級肉としての後躯の肉量がやや不足気味でロース芯面積も細い。
 連続した産出能力に優れ、早熟で結核に対する耐性も強いが、粗飼料の利用性は低い。



                   工場風景

黒毛和牛の部位と特徴     中文目録


サーロイン
きめが細かく、柔らかく、肉質は最高。ステーキに最適でローストビーフやしゃぶしゃぶにも。
リブロース
きめが細かく、肉そのものを味合うローストビーフ、ステーキに。霜降りのものはすき焼きに最適。
カタロース
やや筋が多いが脂肪分が適度にある風味の良い部位。しやぶしゃぶ、すき焼き、焼肉など、薄切りにする料理に適します。
ヒレ
きめの細かい柔らかなサーロインの内側の希少部位。脂肪分が少ないので、脂肪の気になる方に。
ウデ
やや硬く脂肪分の少ない赤身肉。コラーゲンが多く煮込料理やスープに適します。
モモ肉
牛肉の部位中最も脂肪が少ない部位。ローストビーフやシチュー、焼肉などに。
バラ肉
赤身と脂肪が層になり、きめが粗いが霜降りになりやすい。濃厚な味わいで、シチューや焼肉に。
スネ肉
筋が多く硬いが、長時間煮る事でコラーゲンが溶出し、柔らかくなる。出汁を取ったり、煮込料理に。
黒毛和牛、国産黒豚が買えるお店 (正の屋、大黒屋本舗

バナースペース

株式会社ナイガイ

〒812-0006
福岡県福岡市博多区上牟田1丁目29番30号

TEL 092-418-2955
FAX 092-418-2960